2012/3/24 甘楽町「国指定名勝楽山園オープニング」レポート

織田信長の次男・信雄の家系が江戸末期まで治めていたという群馬県甘楽町

その織田宗家ゆかりの大名庭園を町では10年計画で整備を進め3/24めでたくオープンの日を迎えたのでした。

我々は毎年4月に開催されている「城下町小幡さくら祭」でお世話になっている縁もあり、この記念すべき行事にも声を掛けて頂きました。

竣工式典に続いて11:30から開門式と除幕式が行われました。

↓↓↓↓↓↓ご覧のようにスタッフでもなかなか門には近づけない程の大盛況!

こちらが園内の様子

園内ではお茶席や小学生対象の‘おかご体験’を実施

予想以上の盛況ぶりで駕籠かきさんたちの肩は悲鳴を上げていました・・・・

中門に通じる御殿前通りでは‘楽市楽座’を開催

特設ステージでは民俗芸能などが披露されました。

↓↓↓↓↓↓織田氏ゆかりの愛知県からの援軍「長久手歴史トラベラーズ」によるステージ

甘楽町の新しい名所もすばらしいですが雄川沿いの桜並木は一見の価値有り!

是非、4/8の城下町さくら祭「武者行列」にもお越し下さい。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク